2009年4月23日 (木)

来た! こんなに早く。。。

オーストラリア政府がEconomic Stimulus Plan(経済景気刺激対策)の一つとして打ち出したTax Bonus Payment。これは日本で言う定額給付金制度のようなものです。

2007年から2008年に得た所得の所得税申告をした人のみが対象で、課税所得が8万ドルまでの人が900ドル支給されます。(所得が高くなるにつれ、金額も下がります。)

900ドル、日本円で6万3千円ほどです。結構いい金額ですよね。

政府は4月から支払いを開始し、6週間を目途に全申告者に支払いを終えると言っていました。

「オーストラリアが6週間って言う事は、どうせ6ヶ月かかるに違いない!」、と今までの経験上(←どんな?)オージーのLazyさは分かっていたので早くもらえる期待は全くしてなかったのですが、何と今日私のところに小切手が届きました~dollar  

迅速な対応にめちゃめちゃ驚きです。オーストラリアがこうやっていい意味で早く動いてくれたの、初めて!  笑

Australian Taxation Office (税務署)から届いた小切手。

Tax1_1_2 

ほんまに900ドルももらえるんやー(*^.^*)

Tax2_2

今回はほんとオーストラリアよくやってくれたって感じです。

明日早速小切手を銀行口座に落としに行ってきます~~

応援ありがとうございます!にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

思い出の街、ウロンゴン

日曜日はちょっと早起きして車でウロンゴンへ行きました。

ウロンゴンはシドニーから南へ車・電車ともに約1時間半。人口約28万人、NSW州ではシドニー、ニューキャッスルにつぎ3番目に、オーストラリア全体では9番目に大きい街です。

私にとってウロンゴンは特別な街なんです。ワーホリ時代、ここに1ヶ月ホームステイしている時素晴らしいホストファミリーと出会い、親友のKちゃんと出会った場所。。

Kちゃんは私のファミリーの隣家でホームステイしていて、同い年で同じ関西出身と言う事もあり、すぐに意気投合。10年以上経った今でもずっと仲良くしてもらってます。

そして私をオーストラリアと英語好きの世界に導いてくれた友達Amandaが住む街でもあります。彼女と出会っていなければ、今の私はないと断言できます。

Amandaとは中1の時友達の紹介で文通するようになり、20年近く経った今も友達です。当時はパソコンなど普及してなかったのでメールではなく、手紙です!(あー、年がばれるぅ w(゚o゚)w)

ひたすら続く森林。車から緑を見ているだけで癒されましたconfident

22feb09road

途中、Lookoutでのパラグライダー

22feb09para_2

とにかく、海がきれいんです。ちょっと曇りだったのが残念。

22feb09para2

途中通ったAustinmer Beach。人がいない~!

22feb09austimer

本日のランチ。Fish & Chips (私のはプラスKing prawnとCaramari)

激ウマです。量は多かったけど、完食しました~。

22feb09fishnchips

Wollongong City Beach

22feb09citybeach

Wollongong North Beach

22feb09northbeach

海に癒され、森に癒され、最近ちょっとへこんでいた気持ちが元気になりました。

相方も久々のウロンゴンを満喫したようで、帰宅直後にDomain.com.auで何やらこの辺の物件を見てた。。ウロンゴンなら住んでもいい!!

ま、きっと見てるだけでしょうけどweep

応援ありがとうございますにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

放火犯ついに逮捕か: VIC州山火事

181人が亡くなり大惨事となったVIC州の山火事ですが、その中で21人が亡くなったGippsland地域での放火に関し、先日男が一人逮捕されたみたいです。

もちろん名前は明かされていないこの男は39歳でpsychologically unwell、チャイルドポルノも所持していたとか。

被害にあった方たちはもちろん彼にすごい怒りがあるだろうし、本人の身の安全のためか男はすでにメルボルンに移送されてるようですね。

日本では放火は罪が重いと聞いた事があります。21人も亡くなっていたら死刑でしょうか。。。

オーストラリアには死刑制度がないので、有罪なら最高禁固25年の刑になるようです。

とにかく、一人でも犯人が捕まってよかった。もしまだいるのなら早くつかまってほしい。

ところで、話はがらっと変わって。。。

昨日のバレンタインデーは相方からこんな物をいただきましたshine

14feb09_1

なぜか相方の方からこの写真をブログに載せてほしいと。。

ブログを読んでくださる皆さんはあなたの顔も知らないのに、こんなとこで格好つけてどうするのさー  ┐(´-`)┌

でも一応、載せたからね~coldsweats01

応援ありがとうございます!にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

寒い。。夏は何処へ?

先週、気温が40度近くあったのがウソのようです。

今週はずっと雨続きで気温も20度以下で寒い。rain

この雨がVIC州の方に行って消火に一役かってくれればいいのに。

さすがに昨日は体が冷えて久々にお風呂は湯船につかり、夜は毛布を。。。

今日も同じだろうな。 ほんまに寒いんです。

ところで明日はバレンタインですね。

オーストラリアでも一応バレンタインはカップルの祝い事のようですが、男性も女性にチョコやプレゼントを渡します。

オージーの女の子からももらった事があるので、日本みたいに「バレンタインは女性が男性にあげるもの」ってのはないようですね。

13feb09_1

これは今日Cityで買ったもの。

ピーナッツチョコ、ドライフルーツ&ナッツとハートチョコです。

明日会う友人用に。これだけ買って4ドル(240円位)でした。

お買い得~shine

heart01 HAPPY VALENTINE'S DAY to you allheart01

応援ありがとうございます!にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

放火と盗み : VIC州の山火事

ちょくちょくお伝えしているVIC州の山火事ですが、今朝時点で181人が亡くなられ、80人がいまだに行方不明(そのほとんどがもう亡くなっていると見られています)、1000以上もの家屋が焼かれてしまったそうです。

ニュースの生中継中に、数日間お互いに行方が分からなかったご夫婦がやっと対面でき、泣きながら抱き合うというシーンも見ました。

これは本当によかった。

そんな中信じられないニュースと記事が。

昨夜新たな放火があった(あったかもしれない)というニュース、そして廃墟となっている住居に焼かれずに残った物を盗みに入るlootersが出没しているという記事です。

確か、阪神淡路大震災の時も同じように無人の家を狙った盗みがあったというニュースを見たのを覚えています。

こんな状況でなんでそんなことができるの。。?

オーストラリア史上最悪のBushfireに多くの国民が強く心を痛め、多くの人が募金をしたりボランティアで被災地を訪れたりして助け合っている中、人間として、どうしてそんなことができるのか、本当に憤りを感じますよね。

(写真と一部記事はhttp://www.news.com.au から抜粋していますが、万が一間違った事をお伝えしていたら教えてください。)

Bushfire5_1

Bushfire4_1

Bushfire3_1_2

Bushfire2_1

応援ありがとうございますにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

お義兄さんの無事を確認

昨日、私が住むシドニーのInner Westの方では40度くらいあった気温sun

今日はその半分ほどの22度で天気は曇りcloud

涼しく(寒いくらい。。)とても過ごしやすいです。

でも一日でどうしてここまで変われるのか、不思議。。

さて、昨日も触れたVIC州での山火事。 

死者は増え続け、今現在で128人の方が亡くなられました。

実は相方のお兄さん夫婦もVIC州に住んでいて、昨晩ようやく電話で無事を確認できました。

お義兄さんはYarra Glenというサバーブに住んでいて、火事の規模はそれほど大きくなかったものの1人が亡くなり、住民は避難を余儀なくさせられたそうです。

車で逃げる途中、道路の両側にはすでに火が迫り、車中の人は一刻も早く火から逃れようとパニクってすごい状況だったとか。

実際死亡者の中には、車で逃げる途中の事故によるものもかなりあるよう。

やはり、今回の山火事のいくつかは放火による疑いが高いみたい。

お義兄さんは無事だったものの、あれだけの人が亡くなって素直に喜べません。。

応援ありがとうございますにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

オーストラリアの山火事

ビクトリア州で発生したBushfire(山火事)により、25人の死亡が確認され、さらに今後死者の数は40人にまでのぼるというニュースを見ました。

シドニーでもノースにあるLane Coveの辺りで現在発生しているようです。

オーストラリアは毎年この季節、必ずBushfireのニュースがテレビで放送されています。

驚く事に、そのほとんどが誰かによる放火で発生するらしい。

去年だったか、Teenagerの男子が放火で逮捕されたというニュースを見たのを覚えています。

今回のビクトリア州のはどうか分かりませんが、もしそうだとしたら絶対に許せませんよね。

一刻も早く消火されることを願います。

追記

18:30時点で火事による死者の数は65人、破壊された家は400にものぼったそうです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りしたいと思います。

応援ありがとうございます。にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

今日は祝日 「 Australia Day 」

1月26日の今日、オーストラリアは ”Australia Day”という祝日です。

1788年、イギリスのCaptain Arthur Phillip と囚人を乗せた艦隊が、シドニー・コーヴに上陸したのを記念した祝日。これがイギリスによるオーストラリア植民地化の始まりとなりました。

そのためオーストラリア原住民・アボリジニの人々の中には今日の祝日を”Invasion Day (侵略の日)”と呼ぶ人もいるようです。

さて、せっかくの祝日、シティのHyde Parkで催しがあると聞いてさっそく相方と行ってきました。曇りcloud、気温は27度ほどと暑すぎず、まずまずの外出日和。

Ad1_1

国旗を持った人や、国旗のついたTシャツや帽子を身に着けている人を多く見かけました。(写真にはあまり写ってないですね。。)

Ad3_1

Ad4_1

こんなかわいらしい車までcar

Ad2_1

でも正直、この国ではガイジンである私から見て、この祝日はオーストラリア人にとっては祝うべき事かもしれませんが、もともとこの地に住んでいたアボリジニの人の事を考えると、こんなに盛大に祝ってもいいものかと複雑に思いますね。

応援して下さっている方、ありがとうございます!にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

ほんまに、オーストラリアという国って。。。

今日むかつく事がありましたangry

その1.石けんの材料を買いにいつも利用する卸問屋に行きました。土曜日なのでネットで開いてるかどうかチェックして、Sat. 10th Janは確かに開いてると確認。車走らせ20分、到着。入り口には張り紙が。「CLOSED」。その張り紙の横にはカレンダーがあり、営業日には白、休業日には黄色のシールが貼ってありました。見ると、今日のところには白(営業日)のシールが。。。

その2.久々にピザを食べようと、まずは電話注文してからピックアップに行きました。お店はもうすでに混んでいて、10分くらい待ってもなかなかserveされなかったのでピックアップに来たと言うと、店員さんは注文品を確認しに裏へ。そして戻ってきて、「オーダー受信用紙が切れていたようで、お客さんの電話での注文は通ってない。あと10分待ってくれ」ということ。。そして20分後にようやくピザができあがりました。もしDeliveryだったらあのまま永遠に待たされてたの?

オーストラリアという国は、一般的に人々はおおらかでのんびりしてていい!と思われています。でも言い方を変えれば、私はLazyな人がすごく多いように思います。もちろん、全ての人じゃありませんが。4年住んで私が未だに受け入れられないのは、カスタマーサービスの超悪さ。。

今日の件もそうですが、実例として;

1.友人の給料が誤って他人の銀行口座に振り込まれていた事が発覚。彼女は銀行に行き事情を説明したが、担当者は「私がやったことではないので知らない」と謝罪の言葉もなかった。「すみませんでした」の一言も出ないの?(お金は最終的にちゃんと戻ってきたようですが。)

2.昨年11月末頃、税務署から手紙が来て「2003年度と2004年度のタックスリターン(所得税申告)をして下さい。これがFinal Notice(最終通告)です。しなければ多額の罰金が科せられる可能性があります」とのこと。。おいおい、2003年はまだオーストラリアに来てへんっちゅうねん!2004年度は学生やったので働いてないっちゅうねん!しかも最終通告って、この手紙初めて受け取るっちゅうねん!結局電話したら、本当はする必要ないけど、今システムが壊れているから訂正できないのでとりあえず書類全てに金額「0」を記入して送ってとのこと。。ここでも謝罪の言葉はありませんでした。

他にも、数え切れません。この手のお話。その点日本のカスタマーサービス、素晴らしいです。

結局いつもたどりつく答えが、「ここは日本じゃない、オーストラリア」なんですよね。受け入れないといけないのは百も承知なんですが。長くこちらにいる人は、そのうち慣れるって言うんですけど、でもやっぱり私は何年住んでも無理のような。。。crying

いつも応援して下さっている方、ありがとうございます。にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)